【最強のキーホルダー(黄緑)作りに挑戦!】電子レンジで蓄光フリーズフュージング

へぇ★★

自宅でもできる、何か面白いことないかなぁとお考えのあなた。

最強のキーホルダーを作ってみませんか?

最強とは、他者と比較して「最も強い」状態を指す言葉。

ピクシブ百科事典:「最強」

最強というとこんなイメージですよね?

  • 長寿命、劣化しにくい
  • 硬い、傷がつきにくい
  • 耐水性、水にぬれても大丈夫
  • 耐寒性、冷凍庫に入れても大丈夫
  • 耐熱性、100度の熱湯に入れても大丈夫

今回はさらに「暗闇で光る」要素も入れてキーホルダーの作製に挑戦しました!

材料はどうする?

最強にするためには、熱に弱いプラスチックでは不十分かなと思います。

一方で金属は「さび」が懸念されます。

かといって、セラミックスは焼き物のため、一般の家で作るにはハードルが高い...

ということで、今回はガラスで作ることにしました。

蓄光フリーズフュージングという方法であれば一般の家でも作ることができます!

試しに作製してみた結果、黄緑の蓄光パウダーが一番よく光ったので黄緑にしました。

形はどうする?

ガラスフュージングでは割れることがあるため、肉厚や大きすぎる形状は避けたいです。

参考までに、下記記事に注意点がまとめられていました。

フュージングガラスが割れる原因は3つです【重要】 | グラクラBLOG
ガラスフュージングにおいてガラスが割れてしまうのには理由があります。割れてしまったガラスがなぜ割れてしまったのかを知ることで、次からの失敗を防ぐことが出来ます。ガラスが割れる3つの原因を紹介いたしました。

かといって、あまり小さすぎても目立たないので1~2cmの円盤くらいかな。

ただし、ただの円盤だと面白くないのでせめてドーナツ状とすることにしました。

どうやって作る?

  1. 100円ショップで購入した型にガラス+蓄光パウダー+水を混ぜた材料を流し込む。
  2. つまようじで穴をほじって形を整える。
  3. 冷凍庫で30分程度で固める。
  4. 電子レンジでガラスフュージング(6分程度)
  5. 表面を拭きあげて、ストラップをつける。

※セパレータのみで一度空焼きしておかないと、黒ずむことがありました。

やはり電子レンジではゆがみや焼け具合をコントロールするのは難しいのかもしれませんね・・・

作り方の詳細については、下記も参考にしてみてください。

最強の証明をしよう

蓄光ガラスフュージングが終わったので評価しました。

  • 太陽光や照明の光を吸収して暗闇で光ります。
  • ガラス製なので傷がつきにくいです。
  • 耐水性なので雨に濡れても大丈夫です。
  • 耐寒性なので冷凍庫に入れても大丈夫です。
  • 耐熱性なので100℃のお湯に入れても大丈夫です。

最強とはいっても・・・ガラスなので衝撃を与えると割れます(笑)

まとめ

今回は、「暗闇で光る最強のキーホルダー(黄緑)」を作製することができました!

材料自体の最強さは感じることはできましたが、今後は長寿命の証明、長時間の発光、形状のゆがみコントロール、色のバリエーション、さらなる複雑な形状にも挑戦してみたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました